ジャンクMacBookProのリペア依頼

PCサポート・修理と言うお仕事をしていると、偶に変わったことを依頼されたりします。
今回のご依頼は、MacBookPro 13インチ 2011のジャンク品を再生しようとしたものの上手く出来ないので最低限動作する程度まで直して欲しいという内容でした。

見た目は割と綺麗ですが、お話によるとHDD無し、バッテリー無し、通電しているのに画面が映らない(バックライトも点灯しない)そうです。

ケースを開けます。
思ったより綺麗でしたが、色々酷い所もあります。
お客様の意向から部品代と作業料金を天秤にかけ、結果として中古品とユニット交換することにしました。

ケース側の傷が酷いので液晶のみ利用する予定で保管していた中古パーツですが、お客様の意向で外観には拘らないようなので今回はユニットごと使用します。

では液晶ユニットを外します。

交換用の液晶ユニットを取り付けます。

ここまで進めたので、取り敢えずテスト用のバッテリーとHDDを取り付けて起動確認してみます。

画面が出ているので液晶が反応しなかったのは液晶側に問題があった事を確認出来ましたが、MacOSが起動しません。
念のためリカバリモードが起動するか確認します。

リカバリモードにはなるようです。
と、ここでトラックパッドのクリックが反応しないことに気づきました。
どうも錆びて接触不良が起きているようです。
仕方がないので、こちらも手元に保管していた中古パーツを使って手早く交換し、外部起動させてみます。



起動しました。
取り敢えず起動することは確認できましたので、交換になった関連部分の動作確認を行いましたが特に異常は見られませんでした。

ここで一旦作業を止めてお客様に確認連絡を入れます。
お客様の意向でとりあえず最低限使える程度までの復旧ということでしたが、これ以上の作業は事前に聞いていた限度金額に達する恐れがあるからです。
すると、あとはご自分でやるのでこれ以上の作業は必要ないということになり、弊社での作業はこれで終了となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


18 − 10 =