MacBookPro バッテリー交換とトラックパッド交換

いつも当店をご利用頂きありがとうございます。
今回は比較的よくある、MacBook系のバッテリー交換です。
ただし今回は、バッテリー膨張の圧力が強度の弱いトラックパッド部分に向かったためトラックパッドが持ち上がって歪んでしまった、と言うご相談でした。

製品自体はMacBookPro 13インチのMid2010です。
この2009~2011あたりの機種はバッテリー膨張まで至っていなくても放電時間がかなり短くなっている個体が多く、バッテリー交換の依頼が多いのもこの年代の機種です。
今更修理しても…と言う微妙な年代の機種ですが、SSDに載せ替えればそこそこの動作速度を維持できるのでSSD交換で延命されている方も多く、中古機なども出回っているので未だに人気がある機種です。
ただ既にAppleの保証も効きませんし、パーツも純正新品はほぼ入手できないので大掛かりな修理は結構大変ですね。

さて依頼品です。

画像のようにトラックパッドは完全に浮き上がっています。
中古品のトラックパッドを使ったほうが安上がりになるため、お客様とのお話の中で交換の提案を行い了承を貰いました。

ケースの歪みは殆ど見られませんが、ネジを外すと「ポン!」と言う感じでケースが浮き上がってきました。
バッテリーは相当酷い状態のようです。

ボトムケースを取り外し交換作業を始めます。

外したバッテリーです。
まるで餅のように膨らんでいます。
こうなったら非常に危険ですので、膨らんだバッテリーには通電しないようにお願いします。

バッテリーを外した後のトラックパッド部分です

取り外します。
外したトラックパッドはこんな感じになっていました。

交換用の中古トラックパッドと新品バッテリーを取り付けます。

起動確認と交換部品の動作確認を行います。
(画像は個人情報の保護のため修正してあります)

起動後のテストでは問題はありませんでした。
充電も行われているのでバッテリーの不良もなさそうです。
この後電源を切って簡易クリーニングを行い、ボトムケースを戻して納品となりました。
所要時間は簡易クリーニング含めて30分ほどでした。