iMac 21.5インチ HDD交換

ご覧頂きありがとうございます。
今回は iMac 21.5型 Late2009のHDD交換です。
パソコンの修理としては1・2を争うほど多い内容ですね。

最初に頂いたお客様からのご相談はOSが起動しないと言う症状でした。
原因が複数考えられる内容でしたので、お預かりして動作検証とお見積をする事に。
こちらが今回ご依頼のあったiMacです。

大きな破損や傷などもなく、大事に使われていた事が判ります。
ただし、電源を入れると一瞬「キュンキュン」という音が鳴るだけで起動しません。液晶は通電しているようです。
そこで外部起動させたところ問題なくOSが立ち上がったためHDD故障の可能性が高くなりました。
「キュンキュン」と言う音も、実際に本体に耳を近づけて電源を入れると中央上部あたりから聞こえたので、HDDが通電した際に出る駆動音と推測されました。

そこでお客様にはHDD故障の可能性が高く、状況からデータ復元は難しいかもしれないと伝えました。
しかしお客様は予めTimeMachineでバックアップを取られていたという事で慌てる様子もなく、HDD交換とOSのクリーンインストールだけで良いという力強いお言葉が。
実際にお客様の方でもこの状況を確認されていたようでHDD故障の可能性が高いと思われたのか、お預かりの際にインストールメディアもご持参頂いておりました。

お客様のご了承を頂けましたので作業開始です。

取り出したHDDです。
念のためテストしたところ「キュンキュン」と言う音がするだけで動かなかったため、HDD故障という事で間違いありません。
そのまま新品HDDへの差し替えを行い、MacOSのインストールを行います。

インストールが完了しました。
では再起動して実際にOSがが立ち上がるか確認します。

OSが起動しました。

付属メディアでバンドルアプリをインストールし、動作確認を行って作業完了です。
新しいOSに対応していないアプリを使用しているということでしたのでアップグレードやアップデートは行わず、またデータ復元はご自分で行うということで、当店での作業はここまでとなります。

今回はお客様自身で頻繁にバックアップを採られていたため最小限の作業で済みました。
バックアップされていない場合、中のデータを救出したいとなればデータの復旧・復元作業という厄介な作業が追加されますので、修理代は驚くほど高額になります。
純正でなければバックアップ用HDD自体は1万円も出せば2TB~3TBのものを購入できますので、故障時に慌てないように用意しておくのが得策ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


1 × 4 =