MacBook Pro 15インチ Early2011 グラフィック不良修理

ご覧頂きありがとうございます。
今回のご相談はMacBookPro 15インチ Early2011の故障です。

画像のように、電源投入直後の起動音とロゴ表示はされるのですが、色がおかしく、垂直方向のずれが見られます。
またこの状態ではプログレスバーが途中まで進んで止まってしまいます。
定番のRAMクリア作業も効果がなく、セーフブートも出来ません。
再起動後は縦縞ブルースクリーンになる始末。

この症状はほぼグラフィックチップ周りの不具合です。
通常、Macノートであればロジックボードの交換になりますが、こちらの機種はグラフィック周りの不具合があるために少し前までApple公式でも交換プログラムを行っていた経緯があり、単純なロジックボード交換では再発の可能性が高いと思われました。
またこちらの機種はすでに部品生産が完了しているため新品部品の入手が難しく、更に中古市場でも健全な部品が少なく、見つかったとしても部品代がかなり高くなります。

上述の内容を説明しお客様もご納得いただけましたので、今回はグラフィックボード部分のみ修理ということで若干修理価格を抑える方向で進めることになりました。

修理後の状態です。
最終的に部品交換等は行わず特殊技術料のみとなり、ロジックボード交換よりもかなり安く終わりました。
因みにロジックボードやグラフィックチップ周りの修理ですが、重症の場合は委託工場での修理になる場合があります。
以前、ネット情報を参考に作業をして逆に悪化したというご相談を頂いたことがありましたが、適正な方法で作業を行っていない場合は回復したように見えてもすぐに再発したり、作業手順を間違えると簡単に壊れてしまいますので、できれば専門業者で作業をして貰うことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


13 − five =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください