MacBook 12インチ Mid2017 USB-Cコネクタ修理

ご覧頂きありがとうございます。
今回は2017モデルMacBookの修理です。
使用中にUSB-C付近に飲み物をこぼしてしまい、それから充電出来なくなったそうです。
電源アダプターを接続しても給電されない状態だったため、現状でバッテリー残量がなくなっていて動かない状態でした。

Appleの正規店や他店で見積りを出してもらった所かなり高額の修理代金を出されたという事で、最後に当店へご相談頂いたとの事。
充電不能という場合はバッテリーの故障、ロジックボードの故障、コネクタボードの故障などが原因として考えられます。
今回のお客様の場合コネクタ部分以外は水没しておらず、ロジックボード側に過電流等で障害が起こっていなければこの部分だけの交換修理で治る可能性がありました。
お客様からは治らなければ諦めるというお話を聞きましたので修理を進めることに。
2017モデルのUSB-Cコネクタは取り寄せ対応ですので、入荷を待って作業に入ります。

まずコネクタ部分を外して確認します。

画像のように腐食が進んでおり使用できない状態でした。

取り寄せた新品コネクタを取り付け、組み直してからUSB-Cケーブルで充電を行います。

暫く放置してから電源を入れると、無事に起動。
充電状態を見ると、しっかり充電されているようです。



そのまま満充電になるまで待ってから他のUSB-C機器が使用できるか動作確認を行い、問題なかったので修理完了となりました。


新しい機種に関しては基本的にAppleサービスや正規取扱店にご相談するのをお勧めしておりますが、今回のケースのように正規店での修理見積りが高額となる場合は判断が難しいかと思われます。
部品入手可能な場合は部分修理で対応可能な例もありますので、そのような場合は一度ご相談頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


eighteen + five =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください