修理未対応機種について

ご覧頂きありがとうございます。

昨年以降Apple製品において採用されました独自チップ(T2チップ)の影響で、2017年以降に発売されたiMac Pro、2018年以降のMacBookProなどで正規修理プロバイダ以外で部品交換を伴う修理を行うと起動しなくなる恐れが生じております。

今後販売される製品についても同様の仕様になると思われますため、誠に恐れ入りますが上記チップ内蔵の機種につきましては現時点で分解修理非対応とさせて頂きます。

ご理解ご容赦のほど宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


4 × 4 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください