MacBook Pro 15インチ Mid2009 バッテリー交換

ご覧頂きありがとうございます。
今回はMacBook Pro 15インチ Mid2009のバッテリー交換です。

たまに使用する機体のため数日前に久しぶりに電源を入れようと思ったらボトムケースが浮き上がっていたそうです。
不幸中の幸いだったのは向かって左側が膨張した事です。
中央付近が膨張した場合、圧力がトラックパッドに向かうのでトラックパッド等に被害が及ぶ場合がありましたが、今回は頑丈なトップケースのお蔭でボトムケース側に圧力が逃げ、ネジが無くなるだけで済んでいます。

取り急ぎボトムケースを外して膨張したバッテリーを取り外しに掛かりますが、バッテリー固定ネジの山が削られて回せなくなっていました。
ネジに傷がつくので余り使用したくないのですが、専用工具を使用してネジを外し、バッテリーを取り外します。

新品のバッテリーと交換後、ケースを元に戻して動作確認を行います。
お客様のご都合ですぐに持ち帰られるとのことだったので、不具合があった場合はご連絡頂くという事で今回は簡易テストのみでお返ししました。

旧モデルのMacBookProやMacBookAirはバッテリーの在庫を置くようにしております。
作業の混み具合にもよりますが、Retinaモデル以外はお急ぎでの対応も可能ですので気軽にお問い合わせ下さいませ。

MacBook Air 13インチ Mid2012 ファン高速回転と起動不具合

ご覧頂きありがとうございます。
今回はタイトルの通りで、MacBook Airのファンが高速で回りっぱなしでOS起動が非常に遅いという症状です。

ファンが高速回転する原因はCPUへ負荷が高くなっている(放熱のためにフル回転する)事が多いのですが、他にも機械的な故障などが起きていることもあります。
SSDモデルで起動が遅いということは、ストレージの問題ではなく何かしらの影響でCPUの速度制限がかかっている可能性が高いです。
またMagsafeランプが点灯しないという症状も見られましたので、充電ポートなどが載っているI/Oボードの故障が考えられました。


そこでまずはI/Oボードの交換で様子をみてみます。


裏蓋を開けてI/Oボードを外す作業に取り掛かりましたが、外す前にリンクケーブルのコネクタ部が浮いていることに気が付きました。
見てみるとケーブルコネクタがしっかり嵌っておらず、浮き上がっていました。
もしかすると……と思い、コネクタを嵌め込み直してから電源を入れてみます。


ファンも高速回転せず、Magsafeランプも緑→橙色に点灯し、起動速度も普通の状態に戻りました。
今回は故障ではなくケーブル脱落が原因のようでしたので、取り付け直しと、浮き上がり防止の為テープで固定して修理完了となりました。