MacBookAir 13インチ Mid2012 バッテリー交換とコネクタ修理

ご覧頂きありがとうございます。
今回は全体画像を取り忘れたのですが、MacBookAir 13インチのバッテリーとコネクタの補修です。

当初バッテリー交換という事でご来店されたのですが、どうもご自分で交換しようと思って上手く行かなかったとのこと。
実際にボトムケースを外してみたところ、ロジックボードに固定されているバッテリーの接続コネクタ部が基盤からとれており、バッテリーと一緒に外れてきました。
恐らくご自分で交換しようとした際にバッテリーケーブルを無理に外しそうとしてコネクタ基板側ピンが折れてしまい、基盤から剥離したものと考えられました。

通常であればロジックボード交換しか解決方法はないのですが、基板側の表面に殆ど剥離が無かったことからコネクタピンの補修と再固定で治りそうだったため、修理としてお預かりすることに。

実際に預かって確認したところ、コネクタパーツ内部のバッテリーケーブル接合ピンは無事だったものの、基盤方向に伸びている部分が折れていた為この部分を補修して繋げます。
ハンダ付後にコネクタが剥離しないように特殊なシールで固定し、バッテリーを取り付けてケースも戻します。

まずその状態で充電できるか確認し、Magsafeのランプがオレンジ点灯することを確認。
次にバッテリーだけで起動し、電源の状態を確認します。


バッテリーは認識されており、画面右上にも残容量の表記が出ました。
この状態で電源を繋ぎ充電状況を確認します。

バッテリー状態は正常、充電中となりましたので暫く放置して満充電になるのを待ちます。


充電完了になりましたので、これで修理完了です。

バッテリー交換は比較的難易度の低い作業のため、安く済ませたい場合はご自分で行うのも良いと思います。
ただ自己責任の範疇となりますので、今回のように間違えて部品を破損してしまっても自分で何とかするしかありません。
今回は幸いにも補修が可能な範囲の部品破損で済みましたが、誤って基盤に傷をつけたり、帯電した状態で触れて部品が壊れたりした場合は補修が難しくなります。
もしご自分で作業をする場合は、細かな部分まで手順を確認し、装備や道具も万全の状態で行って下さい。

MacBookPro 劣化したバッテリーの膨張

ご覧頂きありがとうございます。
今回は修理ではなく、ノートPCなどのバッテリーについての記事です。

先日、取り外したバッテリーを処分するために廃棄品を纏めている箱から出した所こんな状態になっていました。

取り外したのは2日前。
その時は少し膨らんでいるくらいでしたが、2晩で完全にバッテリー自体のケースが割れるくらいまで膨張しています。


ここまで凄い状態のものは中々見ることが出来ません。
もし交換が1日2日遅くなっていたら大変なことになっていた可能性があります。

基本的にリチウムイオン電池は破裂や発火しないように設計され製造されていますので膨張しても安全ではあるのですが、破裂・発火する可能性はゼロではありません。
また今回は本体から外した状態で膨張したので変形だけで済んでいますが、内部に入ったままの場合は本体の破損や、膨張した部位に内部パーツが触れるなどによって傷が入り破裂する可能性もあります。
バッテリーの膨張によってケースが浮いてたりトラックパッドが歪んでいるなどの症状が見られる場合、なるべく通電しないようにして早急にバッテリー交換する事をお勧めいたします。

MacBookPro15インチ Early2011 バッテリー膨張

ご覧頂きありがとうございます。
今回の修理記録はMacBookProのバッテリー交換ですが、MacBook系の特徴とも言えるトラックパッド変形との合わせ技です。

MacBook系は大容量バッテリーを限られたスペースに詰め込んでいる為、トラックパッドの下に壁のない状態でバッテリー搭載スペースがあります。
バッテリーの膨張が起きると構造上弱い部分が外に押し出されるので、必然的にトラックパッドの変形が起こりやすい構造となっています。
今回はまだそれ程重症ではなかったので、トラックパッドは取付金具の変形だけで済んでおり再利用可能でした。
修復とバッテリー交換を行い修理完了です。

因みに外したバッテリーですが、変形自体は大きくないものの、気になる部分がありました。

通常はありえないのですが被膜が裂けて液漏れしたのかもしれません。
丁度トラックパッドの上部の隙間辺りも白くなっていました。
そして液漏れの影響か、液晶の保護ガラスに施されているコーティングが剥がれていました。(判り難い画像ですが、画像上半分ほどの楕円状の白っぽく見える部分がコーティング剥がれの部分です)

バッテリーはすぐに回収拠点に届けましたが、このまま使用していると大きく膨張する場合があります。
通常は膨張したとしてもすぐに破裂には至らないのですが、100%安全とは言えませんので、膨張したバッテリーの使用は避けるようお願い致します。

Macbook 13インチ Mid2010 バッテリー交換

ご覧頂きありがとうございます。
今回はMacBook 13インチ Mid2010のバッテリー交換です。
ご相談内容はバッテリーの膨張でボトムケースが歪んで隙間ができているということでした。
お客様自身でAppleサポートに電話をして確認したそうですが、こちらの機種は既にAppleの部品供給が終わっているという事で修理不能、リサイクルでの引取しか出来ないという話だったそうです。
新しい機体を買うかどうか悩んでいたそうですが、機種を確認したところ互換バッテリーであれば交換は可能でしたのでお預かりすることになりました。

こちらが修理品となります。ミスで画像を消してしまったためボトムケースの浮いている状態はお見せ出来ないのですが、取り外したバッテリーをご覧頂ければどんな状況なのかは判ると思います。
ケースが浮いて隙間のある状態で暫くお使いになっていたということで、内部に侵入したホコリ等が湿気を吸って汚れとなっていました。
目立つ埃や汚れをとり、新品のバッテリーに付け替えます。

 電源を入れます。

無事起動しました。
最初、画面が物凄く暗くて驚きましたが設定で暗くされているだけでした。
各部の動作確認と簡易クリーニングを行い返却となります。

殆どのMacBook、Pro、Airはケースで密閉することでキーボードの隙間から吸気して背面から排気する構造なので、ケースが開くとそこからホコリなどの汚れが吸い込まれてしまいます。
この汚れがロジックボードなどの基板部分に付着してショートしたり、色々と故障の原因となりますので、膨張でケースが浮いた段階ですぐバッテリー交換を行うことをオススメします。

MacBookPro バッテリー交換とトラックパッド交換

いつも当店をご利用頂きありがとうございます。
今回は比較的よくある、MacBook系のバッテリー交換です。
ただし今回は、バッテリー膨張の圧力が強度の弱いトラックパッド部分に向かったためトラックパッドが持ち上がって歪んでしまった、と言うご相談でした。

製品自体はMacBookPro 13インチのMid2010です。
この2009~2011あたりの機種はバッテリー膨張まで至っていなくても放電時間がかなり短くなっている個体が多く、バッテリー交換の依頼が多いのもこの年代の機種です。
今更修理しても…と言う微妙な年代の機種ですが、SSDに載せ替えればそこそこの動作速度を維持できるのでSSD交換で延命されている方も多く、中古機なども出回っているので未だに人気がある機種です。
ただ既にAppleの保証も効きませんし、パーツも純正新品はほぼ入手できないので大掛かりな修理は結構大変ですね。

さて依頼品です。

画像のようにトラックパッドは完全に浮き上がっています。
中古品のトラックパッドを使ったほうが安上がりになるため、お客様とのお話の中で交換の提案を行い了承を貰いました。

ケースの歪みは殆ど見られませんが、ネジを外すと「ポン!」と言う感じでケースが浮き上がってきました。
バッテリーは相当酷い状態のようです。

ボトムケースを取り外し交換作業を始めます。

外したバッテリーです。
まるで餅のように膨らんでいます。
こうなったら非常に危険ですので、膨らんだバッテリーには通電しないようにお願いします。

バッテリーを外した後のトラックパッド部分です

取り外します。
外したトラックパッドはこんな感じになっていました。

交換用の中古トラックパッドと新品バッテリーを取り付けます。

起動確認と交換部品の動作確認を行います。
(画像は個人情報の保護のため修正してあります)

起動後のテストでは問題はありませんでした。
充電も行われているのでバッテリーの不良もなさそうです。
この後電源を切って簡易クリーニングを行い、ボトムケースを戻して納品となりました。
所要時間は簡易クリーニング含めて30分ほどでした。