iMac21.5インチ Mid2011 CPUファン交換

ご覧頂きありがとうございます。
今回の修理はiMac21.5インチ Mid2011モデルのCPUファン交換です。

通電した瞬間から「ガリガリガリ…」という異音を発しており、明らかにHDDなどの音ではなく冷却ファンの異常と判る状況でした。
耳を近付けると本体左側から音が出ているようでしたので、CPUファンに何らかの異常が発生しているようです。
お預かりして確認することになりました。


分解をしてみると、給気口近くの大量の埃が目に付きます。
ファン周りも含め全体的に埃が堆積していました。
CPUファンは内部パーツの殆どを外さなければ取り出せないため、まず簡易クリーニングを行ってから交換作業に入ります。


ファン交換と清掃などを行った後の状態です。
CPUファンのモーターブラシ摩耗による軸ずれが異音の原因でした。
通電して動作確認を行います。
(プライバシー保護のため画像を修正しています)

特に異音もなく、ハードウェアテストでも異常は見られませんでしたので、ガラスパネルを元に戻して修理完了となりました。

2012年以前のモデルは現在修理部品の手配が難しい物も多いのですが、お時間を頂ければ修理できる場合がございます。
お気軽にご相談下さい。