macOS High Sierraアップグレードでの注意

High Sierraインストール時の注意

ご覧頂きありがとうございます。
今回は修理などの記録ではないのですが、ここ暫く頻繁にお問合わせ・ご相談頂くHigh Sierraアップグレードのトラブルについてです。

High Sierraは9月末にリリースされていたので暫く様子見でアップグレードしていなかった方が多いのかもしれませんが、先月辺りからアップグレードに失敗して起動しなくなったというご相談が多くなっています。
最近のOSアップグレードはApp Storeから行う形で簡単になっていいるため何気にアップグレードしてしまう方も多く、今まではそれで大丈夫だったケースも多かったのですが、High Sierraのアップグレードは従来のものよりも注意が必要で、特にMacBook、MacBookPro、MacBookAirなどのSSDモデルでトラブルが起こっています。

一番多いのはアップグレードがエラーやフリーズで途中で止まってしまい、仕方がなく強制終了して起動しなくなるパターンでした。
こうなってしまうとデータの救出が絶望的な状態になりますので、アップグレード前に必ず重要データ類をiCloudに逃がすか、TimeMachineなどでバックアップしましょう。

原因は複数あるのですが、わかり易い例としては非対応のセキュリティなどが入っている場合です。エラーになりインストールが途中で止まることもあるようです。必ずアップグレード前にアプリの対応状況を確認して、事前にアップデートが必要なアプリはアップデートを行って下さい。
あとは内蔵ストレージの空き容量に余裕がない場合も止まってしまうようです。不必要なデータは削除するかクラウドや外部HDDなどに保存して、内蔵ストレージの空き容量を広げてからアップグレードした方が良いと思われます。

とにかく、OSアップグレードはトラブルが起きる前提で挑むのが正解です。
必ず何らかの方法でバックアップをしてからアップグレード手順を進めるように気をつけましょう。

詳細はApple公式の
https://support.apple.com/ja-jp/HT201475
をご確認下さい。

 

・2018年3月22日追記

恐らく同じような事例で困っている方が見に来られているようで、解決方法が記載されていないためあまり役に立たないページですが、このページへのアクセスが多くなっております。
そこで、比較的軽症だった場合の簡単な対処方法を書き残したいと思います。

もしバックアップのない状態でOSアップグレード後に起動しない(セーフブートも出来ない)などの状況に陥った場合は、外付けHDDなどにOSをインストールし、そのOSから起動することで内蔵HDD/SSDの情報を見ることができるかも知れません。
もし内蔵HDD/SSDの情報を見ることが出来たなら、必要なデータを外付けHDDの方のOSにコピーなどをして救出後、内蔵HDD/SSDの消去とOSの再インストールを行い、外付けのOSからデータを戻し、消えてしまったアプリなどの再インストールやアクティベーション等を行うのが無難かと思われます。
もし外付けOSから内蔵HDD/SSDが見られない場合、通常の方法では復旧が難しいので無理に動かさないで修理業者や復旧業者に頼んだほうが良いでしょう。

Macbook 13インチ Mid2010 バッテリー交換

ご覧頂きありがとうございます。
今回はMacBook 13インチ Mid2010のバッテリー交換です。
ご相談内容はバッテリーの膨張でボトムケースが歪んで隙間ができているということでした。
お客様自身でAppleサポートに電話をして確認したそうですが、こちらの機種は既にAppleの部品供給が終わっているという事で修理不能、リサイクルでの引取しか出来ないという話だったそうです。
新しい機体を買うかどうか悩んでいたそうですが、機種を確認したところ互換バッテリーであれば交換は可能でしたのでお預かりすることになりました。

こちらが修理品となります。ミスで画像を消してしまったためボトムケースの浮いている状態はお見せ出来ないのですが、取り外したバッテリーをご覧頂ければどんな状況なのかは判ると思います。
ケースが浮いて隙間のある状態で暫くお使いになっていたということで、内部に侵入したホコリ等が湿気を吸って汚れとなっていました。
目立つ埃や汚れをとり、新品のバッテリーに付け替えます。

 電源を入れます。

無事起動しました。
最初、画面が物凄く暗くて驚きましたが設定で暗くされているだけでした。
各部の動作確認と簡易クリーニングを行い返却となります。

殆どのMacBook、Pro、Airはケースで密閉することでキーボードの隙間から吸気して背面から排気する構造なので、ケースが開くとそこからホコリなどの汚れが吸い込まれてしまいます。
この汚れがロジックボードなどの基板部分に付着してショートしたり、色々と故障の原因となりますので、膨張でケースが浮いた段階ですぐバッテリー交換を行うことをオススメします。

iMac 27インチ Mid2011 電源修理 液晶修理

ご覧いただきありがとうございます。
今回はiMac 27インチ Mid2011の修理ご相談です。
ご相談内容は「全く通電しない」と言う事でしたので電源ユニットの故障が濃厚です。
店にお持ち込み頂き実際に状態を確認させて頂き、お預かりすることになりました。

こちらが修理品となります。

電源ケーブルを換えても通電しませんでしたので、電源ユニット、或いは基盤周りのトラブルが原因と推測できます。
取り寄せた電源ユニットと交換して動作検証します。
組み直して電源を入れたところ無事起動!
……しましたが、液晶の左4割ほどが黒い……

ここでお客様に確認を取ります。
このまま修理完了するか、液晶パネル交換を行うか、です。
頂いた答えは、流石にこの状態で使用するとなると問題があるので、この際だから一緒に交換すると言うことに。
更に数日頂いて、こちらの機種用の新品液晶パネルを取り寄せて交換となりました。

交換後のパネルは流石に発色も良く明るく映ります。
ムラもありません。
(画面右に見える影は液晶保護フィルムについたシールの痕です)
その他の動作確認を行い、問題がないことを確認して返却となりました。

今回のように、電源が入らない症状の場合は当初問題の解決後に新たな問題が発覚することがあります。
その場合は必ず追加修理の可否確認を行っています。
知らない間に追加修理で金額が上がっていたと言う事はありませんのでご安心下さい。

iMac 21.5 Mid2011の修理見積ご依頼

ご覧いただきありがとうございます。
今回の記事はiMac 21.5 Mid2011の画面が映らないというご相談です。

電話で聞いた内容では、電源投入後の起動音の確認ができてキーボードからの操作でiTunesの音楽が流れるらしいので、液晶パネルかグラフィックボード辺りの故障と見られました。
まずは無料お見積でお預かりして原因を探ることに。

こちらが今回の修理品です。
確かに電源は入るものの画面が出力されていませんでした。
バックライトも点いていない感じがしましたので、液晶パネル、グラフィックボード、インバーター周りの可能性も考えられます。
Thunderboltから別の液晶モニターに出力できるか確認したところ、映像信号が出ていないようでした。
一応、本体側の問題かどうか切り分けるため、テスト用に整備中の機体があったのでそちらに液晶パネルを取り付けてみます。
液晶自体はかなり劣化していたものの、テスト機に付けた場合は普通に点灯しました。
念のため問題のない事が判っているテスト機の液晶パネルを修理品に取り付けて見ました。
点灯しません。
つまり本体側の問題ということになります。

この症状だと修理代金としては結構な額となりますので、お客様にお見積の連絡をします。
因みに中古機などと入れ替えても金額的には変わらない程度のお見積になりました。
結果的にそれだけの費用をかけて修理するなら別に購入するという話になり、指定データだけ救出してお渡しすることになりました。
なお修理で預かったiMacはお客様の方で不要という話だったため当店で買い取ることになり、その分を下取り価格としてデータ救出費用からお値引きさせて頂きました。

iMac 21.5インチ HDD交換

ご覧頂きありがとうございます。
今回は iMac 21.5型 Late2009のHDD交換です。
パソコンの修理としては1・2を争うほど多い内容ですね。

最初に頂いたお客様からのご相談はOSが起動しないと言う症状でした。
原因が複数考えられる内容でしたので、お預かりして動作検証とお見積をする事に。
こちらが今回ご依頼のあったiMacです。

大きな破損や傷などもなく、大事に使われていた事が判ります。
ただし、電源を入れると一瞬「キュンキュン」という音が鳴るだけで起動しません。液晶は通電しているようです。
そこで外部起動させたところ問題なくOSが立ち上がったためHDD故障の可能性が高くなりました。
「キュンキュン」と言う音も、実際に本体に耳を近づけて電源を入れると中央上部あたりから聞こえたので、HDDが通電した際に出る駆動音と推測されました。

そこでお客様にはHDD故障の可能性が高く、状況からデータ復元は難しいかもしれないと伝えました。
しかしお客様は予めTimeMachineでバックアップを取られていたという事で慌てる様子もなく、HDD交換とOSのクリーンインストールだけで良いという力強いお言葉が。
実際にお客様の方でもこの状況を確認されていたようでHDD故障の可能性が高いと思われたのか、お預かりの際にインストールメディアもご持参頂いておりました。

お客様のご了承を頂けましたので作業開始です。

取り出したHDDです。
念のためテストしたところ「キュンキュン」と言う音がするだけで動かなかったため、HDD故障という事で間違いありません。
そのまま新品HDDへの差し替えを行い、MacOSのインストールを行います。

インストールが完了しました。
では再起動して実際にOSがが立ち上がるか確認します。

OSが起動しました。

付属メディアでバンドルアプリをインストールし、動作確認を行って作業完了です。
新しいOSに対応していないアプリを使用しているということでしたのでアップグレードやアップデートは行わず、またデータ復元はご自分で行うということで、当店での作業はここまでとなります。

今回はお客様自身で頻繁にバックアップを採られていたため最小限の作業で済みました。
バックアップされていない場合、中のデータを救出したいとなればデータの復旧・復元作業という厄介な作業が追加されますので、修理代は驚くほど高額になります。
純正でなければバックアップ用HDD自体は1万円も出せば2TB~3TBのものを購入できますので、故障時に慌てないように用意しておくのが得策ですね。