MacBook Pro 15インチ Mid2009 バッテリー交換

ご覧頂きありがとうございます。
今回はMacBook Pro 15インチ Mid2009のバッテリー交換です。

たまに使用する機体のため数日前に久しぶりに電源を入れようと思ったらボトムケースが浮き上がっていたそうです。
不幸中の幸いだったのは向かって左側が膨張した事です。
中央付近が膨張した場合、圧力がトラックパッドに向かうのでトラックパッド等に被害が及ぶ場合がありましたが、今回は頑丈なトップケースのお蔭でボトムケース側に圧力が逃げ、ネジが無くなるだけで済んでいます。

取り急ぎボトムケースを外して膨張したバッテリーを取り外しに掛かりますが、バッテリー固定ネジの山が削られて回せなくなっていました。
ネジに傷がつくので余り使用したくないのですが、専用工具を使用してネジを外し、バッテリーを取り外します。

新品のバッテリーと交換後、ケースを元に戻して動作確認を行います。
お客様のご都合ですぐに持ち帰られるとのことだったので、不具合があった場合はご連絡頂くという事で今回は簡易テストのみでお返ししました。

旧モデルのMacBookProやMacBookAirはバッテリーの在庫を置くようにしております。
作業の混み具合にもよりますが、Retinaモデル以外はお急ぎでの対応も可能ですので気軽にお問い合わせ下さいませ。

MacBookPro 劣化したバッテリーの膨張

ご覧頂きありがとうございます。
今回は修理ではなく、ノートPCなどのバッテリーについての記事です。

先日、取り外したバッテリーを処分するために廃棄品を纏めている箱から出した所こんな状態になっていました。

取り外したのは2日前。
その時は少し膨らんでいるくらいでしたが、2晩で完全にバッテリー自体のケースが割れるくらいまで膨張しています。


ここまで凄い状態のものは中々見ることが出来ません。
もし交換が1日2日遅くなっていたら大変なことになっていた可能性があります。

基本的にリチウムイオン電池は破裂や発火しないように設計され製造されていますので膨張しても安全ではあるのですが、破裂・発火する可能性はゼロではありません。
また今回は本体から外した状態で膨張したので変形だけで済んでいますが、内部に入ったままの場合は本体の破損や、膨張した部位に内部パーツが触れるなどによって傷が入り破裂する可能性もあります。
バッテリーの膨張によってケースが浮いてたりトラックパッドが歪んでいるなどの症状が見られる場合、なるべく通電しないようにして早急にバッテリー交換する事をお勧めいたします。