MacBookAir キーボード交換

いつも当店をご利用頂き誠にありがとうございます。
今回はMacBookAir 11インチ Mid2011キーボード不具合のご相談でした。
水をこぼしたり何か圧力をかけたということも無いそうで、原因がよく判らないとの事。
お客様、実は先にAppleストアに確認しており、Appleではすでにサポート対象から外れている製品のため当店にご相談頂いたそうです。
当店でも調べましたが、こちらの機種は既に日本語キーボードの供給が完了しており新品の日本語キーボードでの修理ができない機種となっておりました。
キーボードの不具合だとすると中古品の転用かUS配列の物などに変える必要があります。
この点をお客様に説明させて頂き、US配列でも構わないということで了承を得たのでUS配列のキーボードを用意して交換をすることになりました。
一抹の不安はキーボードの不具合ではなかった時ですが、それは実際に分解してから考えましょうという事に。

さて実機はこちら。
何かをこぼしたような痕もへこんだような痕も見当たりません。
USキーボードと日本語キーボードはキーの配置や数が違うのでケースごと交換になります。

この段階で確認したのですが、やはり水没痕や圧迫痕などは見当たりませんでした。

こちらが今回交換するUS配列のキーボード(トップケース)です。 記号入力や、かなと英数の切り替えが若干面倒ですが、アルファベットや数字キーの配列は変わらないので通常入力する分には問題は少ないと思われます。
外したパーツを移植し、バッテリーを取り付けて起動してみます。

(※画像は個人情報保護の為修正しています)

ではキーボードが反応しているかテストして見ましょう。

画像では4つだけ押していますが、勿論すべてのキーパターンを確認しています。
無事、すべてのキーが反応しました。
単純なキーボードの不具合ということで済みましたので、一旦電源を落とし簡易清掃を行った後に再度動作確認を行い修理完了となりました。
作業そのものは1時間30分程度でしたが、この様な修理の場合部品手配に時間がかかる場合があります。
通常は修理ご依頼日から部品到着まで7~10日程度お時間を頂きますので、今回のような症状の場合は部品が到着してからのお預かりとしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


four × 5 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください