MacBookPro 15 retina Early2013 液晶交換

ご覧頂きありがとうございます。
今回はMacBook Pro Retina 15インチ Early2013の液晶交換です。

表面のガラスが割れていないので電源が入っていない状態だとわかりませんが、電源を入れると画像のように完全に液晶が割れており使用できない状態とわかります。

その原因は天板のアップルロゴを見ると一目瞭然です。


天板側から尖ったもので打撃が加わって液晶の裏側から割れてしまったようです。

通常であれば液晶パネルだけ交換することもできますが、Retina液晶は非常に破損しやすいため基本的には液晶ユニットごと交換を行っております。
今回の場合は天板も破損しているので丸ごと交換したほうが外観も良いですし、天板裏側が凹んでいることも考えられますからパネル単体交換しても再度
破損する可能性が非常に高くなります。
新品は取り寄せに時間がかかる事、少々早めに使いたいということで比較的短期間で入手できる中古の液晶ユニットで交換修理することになりました。

交換後の状態です。


中古のため少々の傷はありましたが、起動時はそれほど気にならない程度でした。
液晶も問題なく認識され、修理完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


five × five =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください