MacBook Pro 13インチ Early2015 バッテリー交換

ご覧頂きありがとうございます。
今回はMacBook Pro13インチ Retina Early2015のバッテリー交換です。

画面上にバッテリーの交換修理というメッセージが出ており、充電容量も当初の半分以下にまで落ちていました。
まだサポート期間内なのでAppleで交換可能なのですが、お仕事で使用していること、どこも1週間以上の待ち時間がかかるということで当店で作業を行うことになりました。

ボトムケースを開放すると、バッテリー膨張を確認できました。
大きな膨張ではないのでケースが膨らまずに外観からは判りませんでした。
早速取り外します。

新品のバッテリーを取り付け、Magsafeを接続し起動させます。
通常通り認識し、充放電の確認もできました。
容量も先程の倍以上に戻っています。
交換完了です。

MacBook/MacBookPro Retinaモデルはバッテリーが上部ケースに固着されているので取り外すのが難しくなっています。
そのため正規プロバイダでは上部ケース(キーボード込)ごと交換するケースが多いようで、修理価格が結構高いと聞きました。
また最近は個人でも互換バッテリーの入手が可能ですのでご自分で交換する方も増えましたが、こちらの機種は慣れた人でもバッテリーの取り外し時は傷をつけないよう慎重に作業を行います。
以前取り外しの際にバッテリーの被膜を傷つけて発火したというお客様がいらっしゃった事がありましたが、一歩間違えると大きな事故に繋がりますので、ご自身で作業を行う場合は感電や発火に充分気をつけて作業するようにして下さい。

DELL INSPIRON15 3000 電源が入らない

ご覧頂きありがとうございます。
今回はWindows機、DELLのノートPCの電源が入らないという症状です。
通電しているのは間違いないのですがボタンを押しても起動しません。

一つ気になったのは、電源ボタンを押した際の感触でした。
押下されているのですが、このタイプのボタンで通常感じるカチッと言う感触がありません。
電源ボタンに異常があるようなのでまずは分解して確認します。

直接基板のボタン接点を動かすとカチッと言う感触がありました。
再度ボタンを組んでから押すと感触がありません。
恐らく電源ボタン側の破損、具体的には押し込み長さが僅かに足りずしっかり押下できない状態になっていると考えられます。
ボタン単体での交換もできますが、予算と所要時間を抑えたいとの要望でしたので速乾性の樹脂を使用して嵩増しを行いました。
(このあたりは画像を取り忘れました)

組み直して電源ボタンを押したところ、カチッという感触とともに無事電源が入るようになりました。

※プライバシー保護のため画像は修正しております

ボタン関係は反応が悪くなるとつい強く押したくなるのですが、それで症状が悪化する事もありますので、あまり強い力を加えないようにしたほうがいいですね。

起動しなくなった東芝Dynabook R82のSSD取り出し

ご覧頂きありがとうございます。
今回はタブレットPC、東芝Dynabook R82のSSD取り出し作業です。


突然電源が入らなくなったそうで、本体修理ではなくデータ救出したいという話でした。
こちらのモデルはSSD(M.2)を採用しておりますので、分解の後にSSDをケースに入れてデータを読み込めるか検証することになります。

ケースを開けると中央上部左寄りにSSDが取り付けられておりましたので、これを取り外して専用ケースに封入します。
別のPCに接続したところ無事に内部データを確認できたので、これで作業完了となりました。

Mac以外も修理を行っております。
一部タブレットPCも可能な限り対応致しますので、お困りの際はお問合せ下さい。

MacPro Late2012 電源ユニット交換

ご覧頂きありがとうございます。
今回はMacProの前モデル、Late2012の修理です。

ある時、電源ボタンを押しても全く動かなくなったそうです。
店頭で確認した際もランプ点灯などもせず、通電している感じは待ったくありませんでした。
電源故障の可能性が非常に高い状況です。

電源ユニットを交換します。

交換後、電源ランプが点灯、起動しました。

古い機種で部品が入手困難であっても修理できる可能性があります。
お困りの際はご相談下さいませ。

MacBook Pro 15インチ Mid2009 バッテリー交換

ご覧頂きありがとうございます。
今回はMacBook Pro 15インチ Mid2009のバッテリー交換です。

たまに使用する機体のため数日前に久しぶりに電源を入れようと思ったらボトムケースが浮き上がっていたそうです。
不幸中の幸いだったのは向かって左側が膨張した事です。
中央付近が膨張した場合、圧力がトラックパッドに向かうのでトラックパッド等に被害が及ぶ場合がありましたが、今回は頑丈なトップケースのお蔭でボトムケース側に圧力が逃げ、ネジが無くなるだけで済んでいます。

取り急ぎボトムケースを外して膨張したバッテリーを取り外しに掛かりますが、バッテリー固定ネジの山が削られて回せなくなっていました。
ネジに傷がつくので余り使用したくないのですが、専用工具を使用してネジを外し、バッテリーを取り外します。

新品のバッテリーと交換後、ケースを元に戻して動作確認を行います。
お客様のご都合ですぐに持ち帰られるとのことだったので、不具合があった場合はご連絡頂くという事で今回は簡易テストのみでお返ししました。

旧モデルのMacBookProやMacBookAirはバッテリーの在庫を置くようにしております。
作業の混み具合にもよりますが、Retinaモデル以外はお急ぎでの対応も可能ですので気軽にお問い合わせ下さいませ。