iMac 27インチ Mid2011 電源修理 液晶修理

ご覧いただきありがとうございます。
今回はiMac 27インチ Mid2011の修理ご相談です。
ご相談内容は「全く通電しない」と言う事でしたので電源ユニットの故障が濃厚です。
店にお持ち込み頂き実際に状態を確認させて頂き、お預かりすることになりました。

こちらが修理品となります。

電源ケーブルを換えても通電しませんでしたので、電源ユニット、或いは基盤周りのトラブルが原因と推測できます。
取り寄せた電源ユニットと交換して動作検証します。
組み直して電源を入れたところ無事起動!
……しましたが、液晶の左4割ほどが黒い……

ここでお客様に確認を取ります。
このまま修理完了するか、液晶パネル交換を行うか、です。
頂いた答えは、流石にこの状態で使用するとなると問題があるので、この際だから一緒に交換すると言うことに。
更に数日頂いて、こちらの機種用の新品液晶パネルを取り寄せて交換となりました。

交換後のパネルは流石に発色も良く明るく映ります。
ムラもありません。
(画面右に見える影は液晶保護フィルムについたシールの痕です)
その他の動作確認を行い、問題がないことを確認して返却となりました。

今回のように、電源が入らない症状の場合は当初問題の解決後に新たな問題が発覚することがあります。
その場合は必ず追加修理の可否確認を行っています。
知らない間に追加修理で金額が上がっていたと言う事はありませんのでご安心下さい。

iMac 21.5 Mid2011の修理見積ご依頼

ご覧いただきありがとうございます。
今回の記事はiMac 21.5 Mid2011の画面が映らないというご相談です。

電話で聞いた内容では、電源投入後の起動音の確認ができてキーボードからの操作でiTunesの音楽が流れるらしいので、液晶パネルかグラフィックボード辺りの故障と見られました。
まずは無料お見積でお預かりして原因を探ることに。

こちらが今回の修理品です。
確かに電源は入るものの画面が出力されていませんでした。
バックライトも点いていない感じがしましたので、液晶パネル、グラフィックボード、インバーター周りの可能性も考えられます。
Thunderboltから別の液晶モニターに出力できるか確認したところ、映像信号が出ていないようでした。
一応、本体側の問題かどうか切り分けるため、テスト用に整備中の機体があったのでそちらに液晶パネルを取り付けてみます。
液晶自体はかなり劣化していたものの、テスト機に付けた場合は普通に点灯しました。
念のため問題のない事が判っているテスト機の液晶パネルを修理品に取り付けて見ました。
点灯しません。
つまり本体側の問題ということになります。

この症状だと修理代金としては結構な額となりますので、お客様にお見積の連絡をします。
因みに中古機などと入れ替えても金額的には変わらない程度のお見積になりました。
結果的にそれだけの費用をかけて修理するなら別に購入するという話になり、指定データだけ救出してお渡しすることになりました。
なお修理で預かったiMacはお客様の方で不要という話だったため当店で買い取ることになり、その分を下取り価格としてデータ救出費用からお値引きさせて頂きました。

iMac 21.5インチ HDD交換

ご覧頂きありがとうございます。
今回は iMac 21.5型 Late2009のHDD交換です。
パソコンの修理としては1・2を争うほど多い内容ですね。

最初に頂いたお客様からのご相談はOSが起動しないと言う症状でした。
原因が複数考えられる内容でしたので、お預かりして動作検証とお見積をする事に。
こちらが今回ご依頼のあったiMacです。

大きな破損や傷などもなく、大事に使われていた事が判ります。
ただし、電源を入れると一瞬「キュンキュン」という音が鳴るだけで起動しません。液晶は通電しているようです。
そこで外部起動させたところ問題なくOSが立ち上がったためHDD故障の可能性が高くなりました。
「キュンキュン」と言う音も、実際に本体に耳を近づけて電源を入れると中央上部あたりから聞こえたので、HDDが通電した際に出る駆動音と推測されました。

そこでお客様にはHDD故障の可能性が高く、状況からデータ復元は難しいかもしれないと伝えました。
しかしお客様は予めTimeMachineでバックアップを取られていたという事で慌てる様子もなく、HDD交換とOSのクリーンインストールだけで良いという力強いお言葉が。
実際にお客様の方でもこの状況を確認されていたようでHDD故障の可能性が高いと思われたのか、お預かりの際にインストールメディアもご持参頂いておりました。

お客様のご了承を頂けましたので作業開始です。

取り出したHDDです。
念のためテストしたところ「キュンキュン」と言う音がするだけで動かなかったため、HDD故障という事で間違いありません。
そのまま新品HDDへの差し替えを行い、MacOSのインストールを行います。

インストールが完了しました。
では再起動して実際にOSがが立ち上がるか確認します。

OSが起動しました。

付属メディアでバンドルアプリをインストールし、動作確認を行って作業完了です。
新しいOSに対応していないアプリを使用しているということでしたのでアップグレードやアップデートは行わず、またデータ復元はご自分で行うということで、当店での作業はここまでとなります。

今回はお客様自身で頻繁にバックアップを採られていたため最小限の作業で済みました。
バックアップされていない場合、中のデータを救出したいとなればデータの復旧・復元作業という厄介な作業が追加されますので、修理代は驚くほど高額になります。
純正でなければバックアップ用HDD自体は1万円も出せば2TB~3TBのものを購入できますので、故障時に慌てないように用意しておくのが得策ですね。

MacBookAir キーボード交換

いつも当店をご利用頂き誠にありがとうございます。
今回はMacBookAir 11インチ Mid2011キーボード不具合のご相談でした。
水をこぼしたり何か圧力をかけたということも無いそうで、原因がよく判らないとの事。
お客様、実は先にAppleストアに確認しており、Appleではすでにサポート対象から外れている製品のため当店にご相談頂いたそうです。
当店でも調べましたが、こちらの機種は既に日本語キーボードの供給が完了しており新品の日本語キーボードでの修理ができない機種となっておりました。
キーボードの不具合だとすると中古品の転用かUS配列の物などに変える必要があります。
この点をお客様に説明させて頂き、US配列でも構わないということで了承を得たのでUS配列のキーボードを用意して交換をすることになりました。
一抹の不安はキーボードの不具合ではなかった時ですが、それは実際に分解してから考えましょうという事に。

さて実機はこちら。
何かをこぼしたような痕もへこんだような痕も見当たりません。
USキーボードと日本語キーボードはキーの配置や数が違うのでケースごと交換になります。

この段階で確認したのですが、やはり水没痕や圧迫痕などは見当たりませんでした。

こちらが今回交換するUS配列のキーボード(トップケース)です。 記号入力や、かなと英数の切り替えが若干面倒ですが、アルファベットや数字キーの配列は変わらないので通常入力する分には問題は少ないと思われます。
外したパーツを移植し、バッテリーを取り付けて起動してみます。

(※画像は個人情報保護の為修正しています)

ではキーボードが反応しているかテストして見ましょう。

画像では4つだけ押していますが、勿論すべてのキーパターンを確認しています。
無事、すべてのキーが反応しました。
単純なキーボードの不具合ということで済みましたので、一旦電源を落とし簡易清掃を行った後に再度動作確認を行い修理完了となりました。
作業そのものは1時間30分程度でしたが、この様な修理の場合部品手配に時間がかかる場合があります。
通常は修理ご依頼日から部品到着まで7~10日程度お時間を頂きますので、今回のような症状の場合は部品が到着してからのお預かりとしております。

MacBookPro バッテリー交換とトラックパッド交換

いつも当店をご利用頂きありがとうございます。
今回は比較的よくある、MacBook系のバッテリー交換です。
ただし今回は、バッテリー膨張の圧力が強度の弱いトラックパッド部分に向かったためトラックパッドが持ち上がって歪んでしまった、と言うご相談でした。

製品自体はMacBookPro 13インチのMid2010です。
この2009~2011あたりの機種はバッテリー膨張まで至っていなくても放電時間がかなり短くなっている個体が多く、バッテリー交換の依頼が多いのもこの年代の機種です。
今更修理しても…と言う微妙な年代の機種ですが、SSDに載せ替えればそこそこの動作速度を維持できるのでSSD交換で延命されている方も多く、中古機なども出回っているので未だに人気がある機種です。
ただ既にAppleの保証も効きませんし、パーツも純正新品はほぼ入手できないので大掛かりな修理は結構大変ですね。

さて依頼品です。

画像のようにトラックパッドは完全に浮き上がっています。
中古品のトラックパッドを使ったほうが安上がりになるため、お客様とのお話の中で交換の提案を行い了承を貰いました。

ケースの歪みは殆ど見られませんが、ネジを外すと「ポン!」と言う感じでケースが浮き上がってきました。
バッテリーは相当酷い状態のようです。

ボトムケースを取り外し交換作業を始めます。

外したバッテリーです。
まるで餅のように膨らんでいます。
こうなったら非常に危険ですので、膨らんだバッテリーには通電しないようにお願いします。

バッテリーを外した後のトラックパッド部分です

取り外します。
外したトラックパッドはこんな感じになっていました。

交換用の中古トラックパッドと新品バッテリーを取り付けます。

起動確認と交換部品の動作確認を行います。
(画像は個人情報の保護のため修正してあります)

起動後のテストでは問題はありませんでした。
充電も行われているのでバッテリーの不良もなさそうです。
この後電源を切って簡易クリーニングを行い、ボトムケースを戻して納品となりました。
所要時間は簡易クリーニング含めて30分ほどでした。