MacBookPro 15インチ Mid2010 キーボード修理

ご覧頂きありがとうございます。
今回はMacBookPro15インチMid2010のキーボード修理です。


誤ってキーボードに水をかけてしまい、慌てて乾かしたものの入力時に不具合が出るようになったそうです。
実際に確認すると、キーボード通りの文字が入力できず、ギリシャ語や記号が入力されるような状態でした。
キーボードの設定自体はJIS配列にされておりましたので、機械的な問題と思われました。
また同じアプリケーションを複数開いている時(ブラウザのタブやOffice系ファイルなど)に、1つのタブあるいは1つのファイルだけ閉じようとすると、閉じたファイルやタブだけではなくアプリケーション自体が閉じてしまう症状も出ていました。
今回は水没ということで、最悪の場合ロジックボードのダメージも想定されます。
まず浸水状況の確認を行い、ロジックボードまで影響が及んでいない場合はキーボードの洗浄、それで改善しない場合はキーボードの交換を行うということで承りました。

ボトムケースを開け、バッテリーの抜去を行います。
この時点でトラックパッド脇に浸水の際に付着したとみられる汚れがありました。


バッテリー側にも見られます。


浸水痕はあったもののロジックボードまでの浸水は見られなかったため、まずキーボードを取り外して洗浄を行い、十分乾いてから再度組み立てて動作確認を行います。

この段階では症状の改善が見られず基板の損傷あるいはケーブルなどの損傷と思われたため、キーボードの交換修理となりました。
こちらのモデルは現状でJIS配列キーボード単体の部品供給が行われておりませんので、トップケースごとユニット交換になります。


交換後の動作確認では症状の再現はなく、他の機能も問題無かったためこれで修理完了となりました。

ヴィンテージ(製造完了から5年以上7年未満)及びオブソリート(製造完了から7年以上)になると部品供給がされておりませんので修理不能と思われがちです。
一部の製品については互換部品の利用や中古部品の利用で修理可能ですので、諦める前に一度お問い合わせください。

MacBook Pro Retina 13インチ Mid2014 トラックパッド交換

ご覧頂きありがとうございます。
今回はMacBookPro Retina13インチのトラックパッド交換です。

症状は、起動はするもののキーボードとトラックパッドが反応しないというものでした。
不具合の原因となりそうな水没や、本体への衝撃なども与えていないという話です。

こちらの機種は過去に似たようなケースでトラックパッドケーブル破損が原因だったことがあり、当店ではまずケーブル交換で様子を見ることを提案していました。
お客様によると、Appleも含めて複数の業者に見積りの依頼をしたところ、どこも買い替えを考慮するほどの金額が提示されたようで、最終的には安価で修理できればそれに越したことはなく、もし修理できない場合は諦めるということで当店をお選び頂いたそうです。

システム環境設定のキーボードを見ると、「F1,F2などのキーを標準のファンクションキーとして使用」の項目が出たり消えたりを繰り返しています。


お客様はUSBキーボードとマウスを繋げ、画面を閉じて外部モニターに繋いで使用するクラムシェルモードで使っていたそうです。
この状態だと本体側のキーボードもトラックパッドも機能停止状態になるので症状は現れません。
しかし持ち運べないことなどを除けばパソコンとしては一応使用できますが、それではMacBookProの意味がありません。
電源を切って作業に移ります。

なおこのモデルでトラックパッドとケーブルにアクセスするには、本体に接着されているバッテリーを外さなければなりません。
間違えるとバッテリー皮膜を壊して発火などの事故を起こしかねない、割とハードルが高い作業になります。
交換バッテリーも純正品は中古機が買えるほどの値段が掛かりますので、時間を掛けて慎重に作業を進めます。

バッテリーを外してケーブルを交換した後、一旦バッテリーとケースを仮止めして動作確認を行います。
この段階では症状は改善されませんでした。
そこで古いケーブルで新品のトラックパッドを試した所これも症状改善が見られず。
最終的にケーブルとトラックパッドの両方を交換して症状がなくなりました。
原因はトラックパッドとケーブル両方にあったようです。

トラックパッド、キーボード共に動作確認で問題が起きなかったため修理完了。
お客様に返却となりました。

MacBookAir キーボード交換

いつも当店をご利用頂き誠にありがとうございます。
今回はMacBookAir 11インチ Mid2011キーボード不具合のご相談でした。
水をこぼしたり何か圧力をかけたということも無いそうで、原因がよく判らないとの事。
お客様、実は先にAppleストアに確認しており、Appleではすでにサポート対象から外れている製品のため当店にご相談頂いたそうです。
当店でも調べましたが、こちらの機種は既に日本語キーボードの供給が完了しており新品の日本語キーボードでの修理ができない機種となっておりました。
キーボードの不具合だとすると中古品の転用かUS配列の物などに変える必要があります。
この点をお客様に説明させて頂き、US配列でも構わないということで了承を得たのでUS配列のキーボードを用意して交換をすることになりました。
一抹の不安はキーボードの不具合ではなかった時ですが、それは実際に分解してから考えましょうという事に。

さて実機はこちら。
何かをこぼしたような痕もへこんだような痕も見当たりません。
USキーボードと日本語キーボードはキーの配置や数が違うのでケースごと交換になります。

この段階で確認したのですが、やはり水没痕や圧迫痕などは見当たりませんでした。

こちらが今回交換するUS配列のキーボード(トップケース)です。 記号入力や、かなと英数の切り替えが若干面倒ですが、アルファベットや数字キーの配列は変わらないので通常入力する分には問題は少ないと思われます。
外したパーツを移植し、バッテリーを取り付けて起動してみます。

(※画像は個人情報保護の為修正しています)

ではキーボードが反応しているかテストして見ましょう。

画像では4つだけ押していますが、勿論すべてのキーパターンを確認しています。
無事、すべてのキーが反応しました。
単純なキーボードの不具合ということで済みましたので、一旦電源を落とし簡易清掃を行った後に再度動作確認を行い修理完了となりました。
作業そのものは1時間30分程度でしたが、この様な修理の場合部品手配に時間がかかる場合があります。
通常は修理ご依頼日から部品到着まで7~10日程度お時間を頂きますので、今回のような症状の場合は部品が到着してからのお預かりとしております。