MacBook Pro 13 Retina Early2013 充電できない/動作が重い

ご覧頂きありがとうございます。
今回は充電できなくなったMacBook Proの修理です。
Magsafeのランプがオレンジにならず充電できない。それと非常に動作が重いという事でした。

起動後にシステム詳細を見ると、バッテリー交換修理の表示があります。
右上のバッテリー状態表示でも同様ですので、間違いなくバッテリーに問題があることがわかります。
動作が遅いのは、Apple製品では割とメジャーな動作速度の制限機能の働きでしょう。

何度か記事にしていますが、Retinaモデルのバッテリー交換は大変です。
こちらのモデルですと、一旦大半の部品を外してからでなければバッテリーを外せません。
また、キレイに外すにはそれなりの技術とコツが必要です。

この後、新品のバッテリーを取り付けて外した部品も元通りにし、動作テストを行います。
充電も問題なく、動作速度も明らかに早くなりました。

在庫があり、修理受付の状況によっては即日で対応することも可能です。
気軽にお問合せください。

MacBook Pro 13インチ Early2015 バッテリー交換

ご覧頂きありがとうございます。
今回はMacBook Pro13インチ Retina Early2015のバッテリー交換です。

画面上にバッテリーの交換修理というメッセージが出ており、充電容量も当初の半分以下にまで落ちていました。
まだサポート期間内なのでAppleで交換可能なのですが、お仕事で使用していること、どこも1週間以上の待ち時間がかかるということで当店で作業を行うことになりました。

ボトムケースを開放すると、バッテリー膨張を確認できました。
大きな膨張ではないのでケースが膨らまずに外観からは判りませんでした。
早速取り外します。

新品のバッテリーを取り付け、Magsafeを接続し起動させます。
通常通り認識し、充放電の確認もできました。
容量も先程の倍以上に戻っています。
交換完了です。

MacBook/MacBookPro Retinaモデルはバッテリーが上部ケースに固着されているので取り外すのが難しくなっています。
そのため正規プロバイダでは上部ケース(キーボード込)ごと交換するケースが多いようで、修理価格が結構高いと聞きました。
また最近は個人でも互換バッテリーの入手が可能ですのでご自分で交換する方も増えましたが、こちらの機種は慣れた人でもバッテリーの取り外し時は傷をつけないよう慎重に作業を行います。
以前取り外しの際にバッテリーの被膜を傷つけて発火したというお客様がいらっしゃった事がありましたが、一歩間違えると大きな事故に繋がりますので、ご自身で作業を行う場合は感電や発火に充分気をつけて作業するようにして下さい。

MacBook Pro 15インチ Mid2009 バッテリー交換

ご覧頂きありがとうございます。
今回はMacBook Pro 15インチ Mid2009のバッテリー交換です。

たまに使用する機体のため数日前に久しぶりに電源を入れようと思ったらボトムケースが浮き上がっていたそうです。
不幸中の幸いだったのは向かって左側が膨張した事です。
中央付近が膨張した場合、圧力がトラックパッドに向かうのでトラックパッド等に被害が及ぶ場合がありましたが、今回は頑丈なトップケースのお蔭でボトムケース側に圧力が逃げ、ネジが無くなるだけで済んでいます。

取り急ぎボトムケースを外して膨張したバッテリーを取り外しに掛かりますが、バッテリー固定ネジの山が削られて回せなくなっていました。
ネジに傷がつくので余り使用したくないのですが、専用工具を使用してネジを外し、バッテリーを取り外します。

新品のバッテリーと交換後、ケースを元に戻して動作確認を行います。
お客様のご都合ですぐに持ち帰られるとのことだったので、不具合があった場合はご連絡頂くという事で今回は簡易テストのみでお返ししました。

旧モデルのMacBookProやMacBookAirはバッテリーの在庫を置くようにしております。
作業の混み具合にもよりますが、Retinaモデル以外はお急ぎでの対応も可能ですので気軽にお問い合わせ下さいませ。

MacBookAir 13インチ Mid2012 バッテリー交換とコネクタ修理

ご覧頂きありがとうございます。
今回は全体画像を取り忘れたのですが、MacBookAir 13インチのバッテリーとコネクタの補修です。

当初バッテリー交換という事でご来店されたのですが、どうもご自分で交換しようと思って上手く行かなかったとのこと。
実際にボトムケースを外してみたところ、ロジックボードに固定されているバッテリーの接続コネクタ部が基盤からとれており、バッテリーと一緒に外れてきました。
恐らくご自分で交換しようとした際にバッテリーケーブルを無理に外しそうとしてコネクタ基板側ピンが折れてしまい、基盤から剥離したものと考えられました。

通常であればロジックボード交換しか解決方法はないのですが、基板側の表面に殆ど剥離が無かったことからコネクタピンの補修と再固定で治りそうだったため、修理としてお預かりすることに。

実際に預かって確認したところ、コネクタパーツ内部のバッテリーケーブル接合ピンは無事だったものの、基盤方向に伸びている部分が折れていた為この部分を補修して繋げます。
ハンダ付後にコネクタが剥離しないように特殊なシールで固定し、バッテリーを取り付けてケースも戻します。

まずその状態で充電できるか確認し、Magsafeのランプがオレンジ点灯することを確認。
次にバッテリーだけで起動し、電源の状態を確認します。


バッテリーは認識されており、画面右上にも残容量の表記が出ました。
この状態で電源を繋ぎ充電状況を確認します。

バッテリー状態は正常、充電中となりましたので暫く放置して満充電になるのを待ちます。


充電完了になりましたので、これで修理完了です。

バッテリー交換は比較的難易度の低い作業のため、安く済ませたい場合はご自分で行うのも良いと思います。
ただ自己責任の範疇となりますので、今回のように間違えて部品を破損してしまっても自分で何とかするしかありません。
今回は幸いにも補修が可能な範囲の部品破損で済みましたが、誤って基盤に傷をつけたり、帯電した状態で触れて部品が壊れたりした場合は補修が難しくなります。
もしご自分で作業をする場合は、細かな部分まで手順を確認し、装備や道具も万全の状態で行って下さい。

MacBookPro 劣化したバッテリーの膨張

ご覧頂きありがとうございます。
今回は修理ではなく、ノートPCなどのバッテリーについての記事です。

先日、取り外したバッテリーを処分するために廃棄品を纏めている箱から出した所こんな状態になっていました。

取り外したのは2日前。
その時は少し膨らんでいるくらいでしたが、2晩で完全にバッテリー自体のケースが割れるくらいまで膨張しています。


ここまで凄い状態のものは中々見ることが出来ません。
もし交換が1日2日遅くなっていたら大変なことになっていた可能性があります。

基本的にリチウムイオン電池は破裂や発火しないように設計され製造されていますので膨張しても安全ではあるのですが、破裂・発火する可能性はゼロではありません。
また今回は本体から外した状態で膨張したので変形だけで済んでいますが、内部に入ったままの場合は本体の破損や、膨張した部位に内部パーツが触れるなどによって傷が入り破裂する可能性もあります。
バッテリーの膨張によってケースが浮いてたりトラックパッドが歪んでいるなどの症状が見られる場合、なるべく通電しないようにして早急にバッテリー交換する事をお勧めいたします。