iMac21.5インチ Late2012 液晶パネル交換(2)

ご覧頂きありがとうございます。
今回はiMac21.5インチLate2012の液晶パネル交換です。



引っ越しの際に誤って転倒させてしまったそうです。

通電すると部分的に表示されましたが、大部分は何が映っているか判別できず、ガラスだけではなく液晶パネル自体にもダメージが及んでいる状態でした。

クモの巣状に割れていますので、ガラス片が飛散しないようにマスキングしてから液晶パネルを外します。

衝撃が加わっている場合は他の部品も破損している事がありますので、まず目視で点検を行います。

その後新品の液晶パネルを仮止めして動作確認を行いましたが、幸いにも液晶パネル以外の不具合は発見されませんでした。




一通り動作を確認した後で液晶パネルを固定して再度動作確認を行い、問題がないことを確認して修理完了です。

iMac27インチLate2012 HDD故障/SSD交換

ご覧頂きありがとうございます。
今回はHDDが故障したためSSDに交換したiMac27インチ Late2012です。

ここ暫く2012~2014年型iMacはHDD故障でのご相談を多く受けています。
購入から4~5年程度ですから、HDDの個体によってはそろそろ限界を迎える物が増えてきそうです。

今回の修理品は現時点で軽度の物理障害から起きる論理障害でOS起動ができない程度だったので、外部OSから立ち上げてデータの救出は可能でした。
ただしHDD傷害は進行してしまう事が多いので、お客様の要望で容量大きめのSSDと交換することになりました。 
交換後、OSの再インストールと動作確認を行います。
(動作確認は液晶パネルを仮止めした状態で行っています)
SSDになりましたので再インストール後は起動まで10秒程度しかかかりません。

一通り検証が終わったら、液晶パネルを固定して修理完了です。

Late2012以降のiMacの液晶はパネルとガラスが一体化されている上にボディに固定されており、取り外す時に失敗してガラスや液晶を破損させるケースが多いようです。
我々のような業者でも一番神経を使う作業工程ですので、自信がない場合は無理をせずに業者に任せたほうが無難です。
特にRetinaパネルは壊すと酷い目に会いますので。

iMac27インチ Late2012 FusionDrive HDD交換 (2)

ご覧頂きありがとうございます。
今回はiMac27インチ Late2012のHDD交換です。
少し前に修理したお客様同様、FusionDriveのHDDが認識しなくなった状態でした。
修復や消去も行ったそうですが、SSDのみ動作しておりOSはそちらにインストールされています。

ディスクユーティリティ上ではSSDもHDDも認識はしているようですがFusion Driveが解除されており、HDDはマウントできず、First Aidもエラーになります。
HDD故障の可能性が非常に高い状況です。



お預かり後に早速HDDを取り出してテストしましたが、予想通り物理的に故障していましたので、新しいHDDを使ってFusionDriveの再構築とOS再インストールを行いました。

再構築後の状態です。


HDDは3TBのものが使用されていましたので、FusionDriveのサイズは3.11TBになります。
動作確認後に液晶パネルの固定を行い、修理完了となりました。

今回のお客様は故障前にTimeMachineバックアップを取っていたので大事に至りませんでしたが、FusionDriveは独自の暗号化がされているので、どちらかのストレージ(HDDやSSD)が壊れた場合バックアップがないとデータ復旧が難しいと言う問題を抱えています。
修理記録で何度も書いておりますが、いざ故障した時に慌てずに済むように日々のバックアップ作成を行うようにしましょう。

iMac27インチ Late2014 Retina5K SSD換装

ご覧頂きありがとうございます。
今回はiMac27インチ Late2014のSSD換装作業です。

こちらのモデルは128GB+1TBのFusionDriveですが、お客様の要望でFusionDriveではなく500GBのSSDだけのシングルドライブに変更する事になりました。

FusionDriveを構成するSSDの方は相当分解しなければ抜去できませんので、それなりにリスクがあります。

再び元に戻しつつ2.5インチSSDを取り付け、一旦仮止めした状態でOSのインストールを行います。
仮止めにしているのは、液晶パネルを固定してしまうと何か問題があった場合にまた剥がす必要が生じるためです。


無事インストールが完了しストレージも問題なく認識しています。


ハードウェアチェックを行い、動作テストでも問題がなかったので、液晶パネルを固定して換装作業完了となりました。

iMac 21.5インチ Late2015 Retina4K 起動不良

ご覧頂きありがとうございます。
今回はiMac21.5インチ Late2015 Retina4Kモデルの修理です。

内容はエラーメッセージが出て再起動を繰り返すという症状です。
遠方のお客様でしたので事前に電話にて詳細を伺い、宅配便にて送って頂きました。
電話でお話を聞いた限りではHDD不良等で起動用のファイルが破損した様な感じです。

実際に届いた修理品の起動確認を行いましたが、画像のようになって先に進みません。

セーフブートもしませんでしたが、幸いユーザーデータなどは無傷でしたのでデータコピーを行い救出しておきます。

気になるHDDの状態ですが、チェックツールで確認した所特にエラーはなく、問題なく使えることがわかりました。
当初は交換するということでお話していたのですが、状態から変更の必要なしということでそのまま修復作業を行いました。
データは退避しましたのでHDDを一旦綺麗にしてOSの再インストールとデータの復元を行い、動作確認で異常がないことを確認して修理完了です。


遠方のお客様でも、宅配便にて修理品を送って頂ければ対応可能です。
詳細は https://mac-repairshop.com/delivery/ を御覧ください。