MacBook Pro15インチ Retina Late2013 トラックパッド押下できない

ご覧頂きありがとうございます。
今回の依頼はトラックパッドが押下できないというトラブルです。
他の操作やタップ可能ということなのでトラックパッド自体ではなく、周辺に原因がありそうでした。

原因を探るためボトムケースを開けましたが、ネジを外した瞬間に勢いよく開きました。
バッテリーの膨張によってトラックパッドが裏から押し上げられていたようです。
ケースを開けたまま通電させたところ問題なく動作しましたので、原因はバッテリーで間違いありません。

早速交換作業を行い、動作検証を行いました。


問題なく動作し、修理完了です。

MacBook Pro 15インチ Retina Late2013 バッテリー交換

ご覧頂きありがとうございます。
最近依頼が多くなってきたMacBookPro Retinaモデルのバッテリー交換です。

この年式のモデルは、5年以上経過して劣化などで充放電できなかったり交換サインが表示されたりと、バッテリーのトラブルが多くなっています。
特に2013以前のモデルになると既に修理対象外となっており正規プロバイダでの交換ができません。
また以前のMacBookProと違い、ご自分で交換するにも技術的なハードルがかなり高くなっております。
過去何度かご自分で交換しようとしてバッテリー皮膜を破ってしまったり、ロジックボードやSSDなどを電気的に壊してしまい当店に修理に持ち込まれる方もいらっしゃいました。

今回はバッテリーの交換準備サインが表示されている機体です。
早速交換作業を行います。
ボトムケースを開けて取り外し、 全て外してから新品のバッテリーを取り付け、部品を元に戻します。

交換後のバッテリー状態です。
充放電も問題なく、無事に交換作業が終わりました。

正規プロバイダにて非対応のモデルでも、現状使用されていそうな機種についてはバッテリーの在庫を置くようにしています。
タイミングによっては難しい場合もありますが、MacBookAirやUnibody系のMacBookProであれば即日交換もできますので、お困りの際はお問い合わせ下さい。

MacBook Pro 13インチ Early2015 バッテリー交換

ご覧頂きありがとうございます。
今回はMacBook Pro13インチ Retina Early2015のバッテリー交換です。

画面上にバッテリーの交換修理というメッセージが出ており、充電容量も当初の半分以下にまで落ちていました。
まだサポート期間内なのでAppleで交換可能なのですが、お仕事で使用していること、どこも1週間以上の待ち時間がかかるということで当店で作業を行うことになりました。

ボトムケースを開放すると、バッテリー膨張を確認できました。
大きな膨張ではないのでケースが膨らまずに外観からは判りませんでした。
早速取り外します。

新品のバッテリーを取り付け、Magsafeを接続し起動させます。
通常通り認識し、充放電の確認もできました。
容量も先程の倍以上に戻っています。
交換完了です。

MacBook/MacBookPro Retinaモデルはバッテリーが上部ケースに固着されているので取り外すのが難しくなっています。
そのため正規プロバイダでは上部ケース(キーボード込)ごと交換するケースが多いようで、修理価格が結構高いと聞きました。
また最近は個人でも互換バッテリーの入手が可能ですのでご自分で交換する方も増えましたが、こちらの機種は慣れた人でもバッテリーの取り外し時は傷をつけないよう慎重に作業を行います。
以前取り外しの際にバッテリーの被膜を傷つけて発火したというお客様がいらっしゃった事がありましたが、一歩間違えると大きな事故に繋がりますので、ご自身で作業を行う場合は感電や発火に充分気をつけて作業するようにして下さい。

MacBookPro 15 retina Early2013 液晶交換

ご覧頂きありがとうございます。
今回はMacBook Pro Retina 15インチ Early2013の液晶交換です。

表面のガラスが割れていないので電源が入っていない状態だとわかりませんが、電源を入れると画像のように完全に液晶が割れており使用できない状態とわかります。

その原因は天板のアップルロゴを見ると一目瞭然です。


天板側から尖ったもので打撃が加わって液晶の裏側から割れてしまったようです。

通常であれば液晶パネルだけ交換することもできますが、Retina液晶は非常に破損しやすいため基本的には液晶ユニットごと交換を行っております。
今回の場合は天板も破損しているので丸ごと交換したほうが外観も良いですし、天板裏側が凹んでいることも考えられますからパネル単体交換しても再度
破損する可能性が非常に高くなります。
新品は取り寄せに時間がかかる事、少々早めに使いたいということで比較的短期間で入手できる中古の液晶ユニットで交換修理することになりました。

交換後の状態です。


中古のため少々の傷はありましたが、起動時はそれほど気にならない程度でした。
液晶も問題なく認識され、修理完了です。

MacBookPro 15インチ Mid2010 キーボード修理

ご覧頂きありがとうございます。
今回はMacBookPro15インチMid2010のキーボード修理です。


誤ってキーボードに水をかけてしまい、慌てて乾かしたものの入力時に不具合が出るようになったそうです。
実際に確認すると、キーボード通りの文字が入力できず、ギリシャ語や記号が入力されるような状態でした。
キーボードの設定自体はJIS配列にされておりましたので、機械的な問題と思われました。
また同じアプリケーションを複数開いている時(ブラウザのタブやOffice系ファイルなど)に、1つのタブあるいは1つのファイルだけ閉じようとすると、閉じたファイルやタブだけではなくアプリケーション自体が閉じてしまう症状も出ていました。
今回は水没ということで、最悪の場合ロジックボードのダメージも想定されます。
まず浸水状況の確認を行い、ロジックボードまで影響が及んでいない場合はキーボードの洗浄、それで改善しない場合はキーボードの交換を行うということで承りました。

ボトムケースを開け、バッテリーの抜去を行います。
この時点でトラックパッド脇に浸水の際に付着したとみられる汚れがありました。


バッテリー側にも見られます。


浸水痕はあったもののロジックボードまでの浸水は見られなかったため、まずキーボードを取り外して洗浄を行い、十分乾いてから再度組み立てて動作確認を行います。

この段階では症状の改善が見られず基板の損傷あるいはケーブルなどの損傷と思われたため、キーボードの交換修理となりました。
こちらのモデルは現状でJIS配列キーボード単体の部品供給が行われておりませんので、トップケースごとユニット交換になります。


交換後の動作確認では症状の再現はなく、他の機能も問題無かったためこれで修理完了となりました。

ヴィンテージ(製造完了から5年以上7年未満)及びオブソリート(製造完了から7年以上)になると部品供給がされておりませんので修理不能と思われがちです。
一部の製品については互換部品の利用や中古部品の利用で修理可能ですので、諦める前に一度お問い合わせください。