MacBook Pro 13インチ Mid2014 SSD故障

ご覧頂きありがとうございます。
今回の記事はMacBookPro 13インチ Mid2014モデルが起動しなくなったというご依頼です。

電源ボタンを押しても「?」マークが出るので、OSユーティリティを起動してディスクを確認したところ、SSDが認識されていない状態だということでした。
早速SSDの状態を診てみます。

ボトムケースを開けると見慣れないSSDの姿が…
変換パーツを使用して、非互換SSDを取り付けていたようです。
まずは手元のテスト用純正SSDで動作確認を行いますが、こちらは問題なく起動しました。

こうなると変換パーツの故障かSSDの故障が濃厚です。
そこで変換パーツを付けた状態で外付けツールによる接続を試みましたが、SSDは認識せず。
変換パーツを外した状態で専用機器でSSD単体で動作確認しましたが、こちらも認識せず。
動作確認済みのテスト用SSDを変換パーツに装着して再び本体に装着するもSSDを認識せず。 つまり、変換パーツとSSDが同時に故障しているケースでした。

今回はデータ救出は難しいため、互換SSDへの交換とOSの再インストールで修理となり、お客様へ納品となりました。
SSDは一度不具合が生じるとデータが完全に失われるケースが多いので、日頃のバックアップは大事です。
また非互換部品は安価に済むために利用されるケースがあり当店でも取り扱いすることはありますが、使用する場合はそれなりにリスクがあります。
もし使う場合は必ずバックアップするようにしてください。

MacBook Pro 15インチ Early2011 グラフィック故障

ご覧頂きありがとうございます。
今回はMacBookPro Early2011のグラフィックチップの不具合です。
何度か記事にしていますが、この故障は当モデル(A1286/A1278)の持つ持病の一つです。
以前はAppleで交換プログラムが適用されていたのですが、ヴィンテージ・アブソリュートモデルになってしまったため現在ではAppleの正規修理もできません。

ご相談の内容は、電源投入後のロゴ画面でプログレスバーが途中で止まって画面がグレーアウトするというものです。
この時ロゴとバーをよく見ると、段差ができているのが見て取れます。
グラフィックチップ不具合の典型的な症状です。

以下は修理後の状態です。

電源投入後ロゴ画面、プログレスバーの動きを確認します。
起動ディスクがOSインストーラー(しかもファイル破損で起動せず)になっていて一瞬驚いたのですが、再度起動ディスク選択から進んでOS起動を確認しました。
その後ストレステストを行い、特に異常がなかったため修理完了となりました。

MacBook Pro15インチ Retina Late2013 トラックパッド押下できない

ご覧頂きありがとうございます。
今回の依頼はトラックパッドが押下できないというトラブルです。
他の操作やタップ可能ということなのでトラックパッド自体ではなく、周辺に原因がありそうでした。

原因を探るためボトムケースを開けましたが、ネジを外した瞬間に勢いよく開きました。
バッテリーの膨張によってトラックパッドが裏から押し上げられていたようです。
ケースを開けたまま通電させたところ問題なく動作しましたので、原因はバッテリーで間違いありません。

早速交換作業を行い、動作検証を行いました。


問題なく動作し、修理完了です。

MacBook Pro 15インチ Retina Late2013 バッテリー交換

ご覧頂きありがとうございます。
最近依頼が多くなってきたMacBookPro Retinaモデルのバッテリー交換です。

この年式のモデルは、5年以上経過して劣化などで充放電できなかったり交換サインが表示されたりと、バッテリーのトラブルが多くなっています。
特に2013以前のモデルになると既に修理対象外となっており正規プロバイダでの交換ができません。
また以前のMacBookProと違い、ご自分で交換するにも技術的なハードルがかなり高くなっております。
過去何度かご自分で交換しようとしてバッテリー皮膜を破ってしまったり、ロジックボードやSSDなどを電気的に壊してしまい当店に修理に持ち込まれる方もいらっしゃいました。

今回はバッテリーの交換準備サインが表示されている機体です。
早速交換作業を行います。
ボトムケースを開けて取り外し、 全て外してから新品のバッテリーを取り付け、部品を元に戻します。

交換後のバッテリー状態です。
充放電も問題なく、無事に交換作業が終わりました。

正規プロバイダにて非対応のモデルでも、現状使用されていそうな機種についてはバッテリーの在庫を置くようにしています。
タイミングによっては難しい場合もありますが、MacBookAirやUnibody系のMacBookProであれば即日交換もできますので、お困りの際はお問い合わせ下さい。

MacBook Pro 13インチ Early2015 バッテリー交換

ご覧頂きありがとうございます。
今回はMacBook Pro13インチ Retina Early2015のバッテリー交換です。

画面上にバッテリーの交換修理というメッセージが出ており、充電容量も当初の半分以下にまで落ちていました。
まだサポート期間内なのでAppleで交換可能なのですが、お仕事で使用していること、どこも1週間以上の待ち時間がかかるということで当店で作業を行うことになりました。

ボトムケースを開放すると、バッテリー膨張を確認できました。
大きな膨張ではないのでケースが膨らまずに外観からは判りませんでした。
早速取り外します。

新品のバッテリーを取り付け、Magsafeを接続し起動させます。
通常通り認識し、充放電の確認もできました。
容量も先程の倍以上に戻っています。
交換完了です。

MacBook/MacBookPro Retinaモデルはバッテリーが上部ケースに固着されているので取り外すのが難しくなっています。
そのため正規プロバイダでは上部ケース(キーボード込)ごと交換するケースが多いようで、修理価格が結構高いと聞きました。
また最近は個人でも互換バッテリーの入手が可能ですのでご自分で交換する方も増えましたが、こちらの機種は慣れた人でもバッテリーの取り外し時は傷をつけないよう慎重に作業を行います。
以前取り外しの際にバッテリーの被膜を傷つけて発火したというお客様がいらっしゃった事がありましたが、一歩間違えると大きな事故に繋がりますので、ご自身で作業を行う場合は感電や発火に充分気をつけて作業するようにして下さい。